HOME 財団法人 川崎市身体障害者協会について 川身協が行っている事業について 事務局通信や、会報「川身協」など 川身協を構成する各団体、リンク

川崎市中部身体障害者福祉会館 事業計画

○基本方針 

川崎市より指定管理者制度を受託し、今年は第3期の3年目に入ります。身体障害者の自立更生及び社会参加と福祉向上を図ることを目的に事業に取り組みます。

障害者の地域参加と地域住民の障害者への理解を深めるため、障害者や障害者福祉に関する各種講習会や研修会を実施すると共に、障害者団体等の地域活動を推進する拠点として障害者団体の組織づくりや地域との連携の強化を図り、地域福祉活動の推進などに取り組み、地域の中で共に生きるという共生の理念の実現と障害者がその人らしい尊厳に満ちた生活を送るためのサービス提供に取り組みます。

○運営方針

1 誰もが安心して会館を利用できるよう、充実したサービスの提供に努めます。
2 地域における会館の理解を進め、地域と連携した活動を進めます。
3 非常災害時の対応について日頃から訓練を実施し、会館利用者の安全の確保に取り組
  みます。

4 職員の資格取得やスキルアップなどの資質の向上に取り組むと共によりよい人材の確
  保を図り、提供するサービスの質の向上に取り組みます。

○事業内容

1 身体障害者福祉団体等に対する便宜の供与
  障害者福祉団体、ボランティアグループ等が行う会議、研修会等や活動の場を提供
  するため、会議室、視聴覚室、日常生活訓練室、リハビリテーション室、交流室等
  を貸し出す事業を行います。

 
    開館時間 午前8時30分から午後9時まで(日曜日は午後5時まで)
     休館日 祝祭日、年末年始

2 障害者福祉の啓発普及及びボランティアの育成事業
   
地域の住民や関係者等を対象に、手話や朗読等のコミュニケーション手段を知るこ
   とや障害者に対する理解の向上やボランティアの育成又は障害者福祉の向上等を
   目的に、各種講習会や研修会を実施します。

 ※詳細はこちら
(1)手話入門講習会(昼間・夜間)
地域の住民や関係者等を対象に、手話技術の取得と聴覚障害者に対する理解の向上及びボランティアの育成を目的として実施します。
(2)親と子の手話教室
夏休みの期間を利用して、親子で手話に触れ、その楽しさを体験するとともに、聴覚障害者に対する理解の向上を目的として実施します。
(3)朗読入門講習会(昼間・夜間)
地域の住民や関係者等を対象に、朗読技術の取得と視覚障害者に対する理解の向上及びボランティアの育成を目的として実施します。
(4)福祉講座
地域の障害者や関係者を対象にニーズに即したテーマで福祉講座を開催します。
(5)障害に関する講演会(未定)
(6)障害に関する講座(未定)

3 
交流・啓発事業等
(1)中身館フェスティバル
地域で活動する福祉団体等の協力を得て、会館及び地域で活動する福祉団体等の活動を紹介し、地域住民との交流を図り、会館の事業への理解と障害者福祉に関する啓発普及等を目的に中身館フェスティバルを開催します。
(2)利用団体懇談会
会館を利用する障害者団体・ボランティア団体・サークルの意見を取り入れ、また連携を深め、よりよい会館のサービス提供に活かすために、利用団体との懇談会を年1回開催します。
(3)広報啓発活動
会館主催の講習会、講座をPRし参加者募集のため、広報活動を実施します。中身館通信を発行(年2回)し、会館関係事業やサークル・団体の紹介、啓発をはかります。

(4)情報の収集及び提供
川崎市や社会福祉協議会、障施協主催の講演会、ポスター、川崎市政だよりや各身障会館の催し物、市内福祉施設の情報誌、点字印刷物など情報の収集をして、利用者への情報の提供を行います。

(5)運営委員会
障害者団体・関係機関等の代表者等で組織する運営委員会を年1回開催し、より効果的な会館の運営について、障害者及びボランティア・利用団体等と共に協議を行い、より効果的な会館の運営を図ります。
(6)安全管理と防災訓練
館内での事故防止に万全を期し、会館利用者の安全を図ります。
非常時に備えて、全館で実施する防災訓練のほか、作業室では独自に防災訓練を行います。消防設備の点検については、専門業者に委託し年に2回点検作業を実施します。また毎月自主点検として管理係が点検を実施します。

4 川崎市中部身体障害者福祉会館作業室(指定障害福祉サービス事業所)
  障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービスの日中活動サービス事業所として
  生活介護及び就労継続支援B型の多機能型により運営します。

    個別支援計画に基づき、生活介護では主に健康管理生活支援を、就労継続支援
  B型は作業支援を中心に、ともに作業室活動参加を通して自立生活と地域生活への
  支援等を行います。また多様化する利用者のニーズや障害の状況などに対応した
  サービスの提供を図り、モニタリング等も活用し総合的な支援に取り組みます。特に
  福祉会館作業室である特性を活かし地域社会との繋がりとなるプログラムの提供や、
  就労継続支援B型では工賃アップに積極的に取り組みます。


   定    員 生活介護15名 就労継続支援B型10名
   開 設 日 月曜日から金曜日(必要に応じて土・日曜日)
   開設 時間 午前8時30分から午後5時まで
   指    定 生活介護事業所、就労継続支援B型事業所
   対象 地域 原則として中原区内
   年間 行事 四季折々の行事、日帰り全体旅行2回、グループ外出プログラム、区民祭
          や地域の各種行事への参加及び販売活動、地域参加行事などを実施します。


リストマーク 戻る

Copyright c 2005 公益財団法人川崎市身体障害者協会 All rights reserved

ライン