HOME 財団法人 川崎市身体障害者協会について 川身協が行っている事業について 事務局通信や、会報「川身協」など 川身協を構成する各団体、リンク


川崎市中部身体障害者福祉会館 事業計画

○基本方針 

指定管理者制度により会館の管理運営を行い、身体障害者の自立更生と及び社会参加と福祉向上に寄与することを目的とした事業を行います。障害者の完全参加と平等の理念に基づき、身体障害者に関する各種講習会や研修会を実施します。そして、中部身体障害者福祉会館は、身体障害者団体等の活動を推進する拠点として、障害者団体の組織づくり・団体相互の理解・地域との繋がりを大切にして、地域福祉活動を促進することにより地域の中で共に生きるという共生の理念の実現を図ります

○重点目標

1 誰もが安心して会館を利用できるよう、充実したサービスの提供を図ります。
2 地域における会館の理解を進め、地域福祉の促進を図ります。
3 併設する指定障害福祉サービス事業所、作業室(生活介護・就労継続支援B型によ
  る多機能型事業所)のより一層きめ細かな対応を図ります。
4 すべての会館利用者の安全を守り、非常災害時の対応について強化を図ります。
5 会館利用者からの苦情は、誠意をもって対応いたします。

○事業内容

1 身体障害者福祉団体等に対する便宜の供与
  身体障害者福祉団体等が行う会議、研修会等や活動の場を提供するため、会
  議室、視聴覚室、日常生活訓練室、リハビリテーション室等を貸し出す事業
  を行います。

 
    開館時間 午前8時30分から午後9時まで(日曜日は午後5時まで)
     休館日 祝祭日、年末年始等

2 障害者福祉の啓発普及及びボランティアの育成事業
   
地域の住民や関係者等を対象に、手話や朗読等のコミュニケーション手段を知るこ
   とや障害者に対する理解の向上やボランティアの育成又は障害者福祉の向上等を
   目的に、各種講習会や研修会を実施します。

 ※詳細はこちら
(1)手話入門講習会(昼間・夜間)
地域の住民や関係者等を対象に、手話技術の取得と聴覚障害者に対する理解の向上及びボランティアの育成を目的として実施します。
(2)親と子の手話教室
夏休みの期間を利用して、親子で手話に触れ、その楽しさを体験するとともに、聴覚障害者に対する理解の向上を目的として実施します。
(3)朗読入門講習会(昼間・夜間)
地域の住民や関係者等を対象に、朗読技術の取得と視覚障害者に対する理解の向上及びボランティアの育成を目的として実施します。
(4)拡大写本入門講習会
地域の住民や関係者等を対象に、写本技術の取得と視覚障害者、主に弱視者に対する理解の向上及びボランティアの育成を目的として実施します。
(5)福祉講座
地域の障害者や関係者を対象にニーズに即したテーマで福祉講座を開催します。
(6)パソコン基礎講座
地域の障害者を対象に、パソコンの基礎を楽しく学んでいただき、市内の障害者がパソコンを身近に利用できることを目的に開催します。

3 
交流・啓発事業等
(1)中身館フェスティバル
地域で活動する福祉団体等の協力を得て、会館及び地域で活動する福祉団体等の活動を紹介し、地域住民との交流を図り、会館の事業への理解と身体障害者福祉に関する啓発普及等を目的に中身館フェスティバルを開催します。
(2)利用団体懇談会
会館を利用する障害者団体・ボランティア団体・サークルとの連携を深め、よりよいサービスの提供に活かすために、利用団体との懇談会を年1回開催します。
(3)広報啓発活動
会館主催の講習会等の情報や、会館事業やサークル・団体の周知などのために、中身館通信を年1回発行します。

(4)情報の収集及び提供
川崎市、福祉関係機関や関係団体、市内福祉施設等の情報紙・講演会等の行事ポスター・チラシ等を収集し掲示・配布することにより会館利用者への情報の提供を行います。

(5)運営委員会
障害者団体・関係機関等の代表者等で組織する運営委員会を年1回開催し、障害者及びボランティア・利用団体等と共に協議を行い、より効果的な会館の運営を図ります。
(6)安全管理と防災訓練
非常時に備えて、全館合同避難訓練、作業室避難訓練、(中身館タイムケア避難訓練3回、)を行います。また安全管理として、専門業者に委託し消防設備や昇降機等の保守点検を適宜実施するほか、毎月職員による自主点検も行います。

4 川崎市中部身体障害者福祉会館作業室(指定障害福祉サービス事業所)
  障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービスの日中活動サービス事業所として
  生活介護及び就労継続支援B型の多機能型により運営します。

  生活介護は健康生活支援を、就労継続支援B型は作業支援を重視し、ともに
 社会適応訓練等を併せて行います。各利用者の希望・ニーズや障害の状況など
 を十分に考慮した上で、各利用者の目標を設定し、その目標が達成できるよう
 支援計画を策定し、必要な援助・相談等を行います。各利用者が地域の中で共
 に生き、積極的に地域の中に進出して関わりを持ちかつ自立した生活が営める
 よう、またその生活に生きがいを感じられるよう援助・相談等を行います。


   定    員 生活介護15名 就労継続支援B型10名
   開 設 日 月曜日から金曜日(必要に応じて土・日曜日)
   開設 時間 午前8時30分から午後5時まで
   指    定 生活介護事業所、就労継続支援B型事業所
   対象 地域 原則として中原区内

リストマーク 戻る

Copyright c 2005 公益財団法人川崎市身体障害者協会 All rights reserved

ライン