HOME 財団法人 川崎市身体障害者協会について 川身協が行っている事業について 事務局通信や、会報「川身協」など 川身協を構成する各団体、リンク

全国障害者スポーツ大会


主催:厚生労働省、(公財)日本障害者スポーツ協会、及び開催地の都道府県他


全国障害者スポーツ大会は、障害者に対するスポーツの普及、障害者の社会参加推進、及び国民の障害に対する意識やバリアフリーの意識を高めるために企画され、毎年国民体育大会(国体)に続いて同じ会場同じ施設を使って開催されています。


川崎市及び川崎市障害者社会参加推進センターでは、毎年、全国障害者スポーツ大会の代表選手選考を兼ねて、川崎市障害者スポーツ大会を実施し、各競技種目の代表選手や役員等を派遣しています。


また、選考された代表選手に対して、各競技公認指導者に依頼したり、スポーツボランティアや職員が協力して、大会開催にあわせて強化練習を実施しています。


   ※平成28年度(第16回大会)は、岩手県での開催が決まっています。
大  会  の  期  間 : 2016年10月22日(土)〜10月24日(月)
大  会  の  愛  称 : 希望郷いわて大会
大 会 の ス ロ ー ガ ン: 広げよう 感動。伝えよう 感謝。


第12回大会(ぎふ清流大会) 平成24年度
    個人競技6種目に選手20名(身体障害者8名、知的障害者12名)、役員23名
    計43名を派遣しました。                         ※大会の様子

第11回大会(おいでませ!山口大会) 平成23年度
    個人競技6種目に選手20名(身体障害者8名、知的障害者12名)、役員22名
    計42名を派遣しました。                         ※大会の様子

第10回大会(ゆめ半島千葉大会) 平成22年度
    個人競技4種目に選手27名(身体障害者11名、知的障害者16名)、役員24名
    計51名を派遣しました。                         ※大会の様子

第9回大会(トキめき新潟大会) 平成21年度
    個人競技5種目に選手19名(身体障害者8名、知的障害者11名)、役員21名
    計40名を派遣しました。                         ※大会の様子

第8回大会(チャレンジ!おおいた大会) 平成20年度
    個人競技6種目に選手15名(身体障害者6名、知的障害者9名)、役員21名
    計36名を派遣しました。                         ※大会の様子




リストマーク 事業の紹介のTOPへ

Copyright c 2005 公益財団法人川崎市身体障害者協会 All rights reserved

ライン